生徒一人一人と丁寧に向き合う個別指導学習塾

学院ブログ

学院ブログ

学院ブログ

高校受験用ー社会勉強法ー

高校受験生必見!社会の効果的な学習方法!

高校受験の中で最も暗記と知識量が勝負になるのが社会です。地理・歴史・公民の3分野全ての基本は暗記と関連知識の量が結果につながります。
言い方を変えれば、しっかりと対策をとれば確実に高得点がねらえる科目です。
要点や傾向を考えた対策をすれば、確実に高得点がとれると思います。
今回は高校受験対策の社会に注目をしています。効率よく社会で結果を求めるには、対策方法を間違えないことがポイントになります。

1.高校受験生必見!高校受験対策 社会編

社会は、高校受験と学校の定期テストの関連性は高くなります。
高校受験は範囲が膨大になるので、定期テストとは異なりますが、考え方は同じです。
社会は教科書にある用語を覚えるだけでは、受験対策にはなりません。
暗記したことを知識として利用できるようになることが理想だと考えられます。

1-1.定期テストで良い点を取る方法

中学校の定期テスト対策も基本は、出題範囲の内容を暗記して知識にすることです。
関連事項や時代背景なども同時に覚えることが重要になります。
基本的に定期テストで出題された問題や学習した内容が高校受験に直結することもあります。学習したことはノートなどにまとめておきましょう。

1-2.社会は膨大な知識量が勝負のポイント

社会は主要5科目の中で最も暗記量が多くなる科目です。特に地理や歴史の暗記量は受験生にとっても大きな負担になります。
もちろん、全てのことが頭に入っているのであれば、特に問題はありません。
大抵の受験生は暗記と時間との戦いが続いているのではないかと思います。
どの分野でも同様の考え方が必要ですが、用語や年代だけを覚えていても意味がありません。関連事項や特徴などできるだけ多くの知識と関連させることがポイントになります。

1-3.分野別の問題集のススメ

社会の高校受験対策には、参考書と問題集の選び方が重要になります。社会の参考書や問題集を選ぶ時は、各分野別の物を購入しましょう。
また、ゆとりがあれば、「一問一答」形式の問題集で基礎力を高めるのも効果的です。
もちろん筆記に備えて、別の問題集も用意する必要があります。

2.社会の分野別高校受験の対策方法

高校受験で出題される社会の分野は大きく分類して3分野です。「地理」「歴史」「公民」の3分野が出題範囲となっています。
公立高校の出題範囲のバランスは、都道府県によって違いはあります。基本的なバランス関係は似ていますが、過去の出題傾向などを確認しておきましょう。私立高校に関しては、学校独自の考えによって出題されるので、出題傾向を確認する必要があります。

2-1.高校受験の地理分野の対策方法

高校受験の地理の出題範囲は、「世界地理」「日本地理」になります。
基本的に教科書や地理の参考書などを使用して暗記をしていくことが基本の科目です。
但し、単純に用語を暗記するのではなく、土地と地図を確認しながら学習をすすめましょう。その時に関連した図やグラフなどの読み方なども理解しておくことが必要になります。
基本的な学習方法は世界地理と日本地理で変える必要はありません。
教科書と参考書を利用してインプット作業を繰り返し行う事をオススメします。
インプットした内容はアウトプットすることを忘れてはいけません。基本をかためる問題集は一問一答形式や選択式で良いと思います。
地理の具体的な学習方法は、問題集を繰り返すことで重要語句の暗記をすることです。その時に国が出てくれば、その国の場所や特徴なども同時に学習すると効果的です。

2-2.高校受験の歴史分野の対策方法

高校受験の歴史は、「世界史」「日本史」の区別がありません。世界史に関しては、かなり有名な事柄や日本との関連事項が中心になります。
一般的な歴史の学習方法は、年号と人物、事柄を自分なりの方法で覚えていく人が多いと思います。特に問題なく暗記できる人は、この方法で問題ありません。
なかなか暗記ができないと言う人は、時代単位で学習することをオススメします。
個々の年代で覚えるのではなく、流れと時代背景を意識する必要があります。
登場人物や出来事の流れや内容を把握しながら、年代と合わせて学習していくと比較的頭に残りやすくなります。
教科書や参考書をノートにまとめるのも良い方法です。時代背景がつかみにくい人は初めにマンガタイプの参考書などを利用して大まかな時代背景をつかむのも悪くありません。
学習したことは、問題集を使って確認しておきましょう。自分にあった参考書や問題集を使えば、充分に対応可能になります。
歴史が得意になるポイントは興味を持つことです。単純に暗記をするだけでなく、その時代の関連事項なども調べていくと更に効果があります。
教科書にのっていることだけが歴史ではありません。同時期の他国の状態や登場人物などにも目を向けると楽しくなると思います。

2-3.高校受験の公民分野の対策方法

高校受験の公民は、中学3年生で学習する内容なので、進行形になる部分もあります。公民のポイントは、憲法関連と時事問題になります。
公民に使用されている憲法関連の用語は意味がわかりにくいものばかりです。
教科書だけでなく、参考書などを使用して対策をする必要があります。
参考書を選ぶ時は、公民で登場する用語をわかりやすく丁寧に解説している参考書を選ぶと効果的です。
難しい用語も意味や内容が理解できると覚えやすくなります。
時事問題に関しては、過去5年くらい前までの出来事には注意をしておきましょう。日本だけでなく世界的にあった大きな出来事や行事なども抑えておくべきです。
公民の範囲と言っても、地理などとの融合問題として出題されることもあります。
特に時事問題で登場する地域や国の場所や特徴も抑えておくことをオススメします。
公民の最大の難点は、用語が複雑なことです。用語の意味を理解していくことが重要なポイントになります。
新聞や参考書、インターネットでも理解が出来ない時もあると思います。わからないことは、先生や塾の講師に質問をして理解するようにしていきましょう。

3.模試や過去問題を利用した社会の対策方法

社会の高校受験対策には、模試や過去問題も重要な対策方法ですが、結果はあまり気にする必要はありません。
但し間違えた問題は、復習する必要があります。
社会は、数学などと異なり知識として頭に入っていれば、確実に得点に繋がります。時間を無駄に使うのではなく、効率良く広い範囲を覚えるのがポイントです。
地理や歴史の範囲に関しては、模試や過去問題で登場しているグラフや図に注目をしましょう。
類似した内容の問題が出題傾向として予想されることもあります。
グラフや図の読み取り方のコツが理解できない人もいると思います。悩んでいないで、塾や学校の先生に質問をして要点をおさえておきましょう。

まとめ

高校受験の社会の対策方法は大学受験や中学受験とは少々異なります。ある意味素直な対策方法が最も理想的だと考えられます。
公立高校を受験する場合は、過去数年の出題範囲の傾向を事前確認しておきましょう。
私立高校の場合は、学校説明会や過去問題から出題傾向を探ることになります。
社会は膨大な量の暗記が必要になります。最も良い学習方法は興味を持って、関連事項と共に覚えることです。
高校受験の社会は、効率よく対策を行えば確実に得点につながる科目です。計画的な学習で万全の対策で試験を迎えられるようにしていきましょう。

TOP